面接は最後まで気を抜かないこと

以下、当サイトが多数の方たちから集めた転職体験談となります。

面接は最後まで気を抜かないこと

面接は相手の会社のロビーに行ったところから始まり、ロビーを出るまで続いている。

 

だから一瞬も気を抜くことなく、受付の女性にも明るく挨拶をし、きびきびと動くこと、
ということは十分に承知していましたが、一瞬気を抜いてしまう、ということは誰にもあるような気がします。

 

それで私が転職活動中に失敗した話を書きます。

 

転職活動をしているときに、ある企業の面接を受けることになりました。
それが実質的な最終面接でしたので、気合を入れて臨み、自己PRも職務経歴もしっかり伝えることができました。

 

求人しているポジションも明確でしたので、自分がそれについたらどのような仕事をするのかの話にも進み、
相手から現状のその会社の戦略についてかなり突っ込んだ質問もあり、それにもしっかり答えられ、かなりいい感じで進んだと思います。

 

そして、一応面接が終わり、ありがとうございました、とあいさつをし、
部屋を出るときに、相手の面接官から雑談風に一声かけられました。

 

「あなたがそんなに優秀なら、今の会社もあなたに辞められたら困るでしょう」

 

今から思えば、最適な答えは「そうかもしれませんが、
しっかり引き継ぎをしているので大丈夫です」だったと思います。

 

しかし、その時には、「自分が辞めると今の会社が困る=今の自分が優秀だという評価」という部分があり、一方で「辞めることについての前向きな今の自分」という部分があり、その矛盾しているところをしっかり一致させることができませんでした。

 

それで私が言った返答は
「そうかもしれません」

 

それに対して相手は
「あとは野となれ・・・ですか」

 

ここが最後のチャンスでした。

 

それを否定し「引き継ぎをしっかりしてます」と言えればよかったのですが、戸惑いが残っていた私は
「いや」
としか言えなかったのです。

 

それで、その会社を後にしましたが、結果は不合格でした。

 

あるいはほかの理由での不合格かもしれませんが、私は、あの対応が致命傷になったとしか思えません。
面接は最後まで気を抜くな、ということを肝に銘じた経験でした。


転職回数15回

これまでに転職を過去15回程度行ってきております。
転職に転職を重ねるとそれが当たり前になってしまうという恐怖感すら覚えます。

 

転職の職種も様々でジュエリー関係の仕事や資格を扱う会社アパレル企業他数えるときりがありません。
実際にそれだけ転職を繰り返す人も少ないでしょう。
実際にそんなに転職をすると面接にいくだけでその企業の体質や状況等も分かってしまう怖さもあります。

 

実際に面接官の表情をみるとこの会社はこんな体質でやっているのかという事やこの面接官であれば、
継続して自分自身でやっていくのも大変だろうなぁという感覚です。

 

人生は長いので転職を今まで1.2回程度された方は多くいらっしゃるかと思いますが、
いったい自分に合う会社は何社この中に存在しているのかというような事も考えてしまいます。

 

勿論転職に有利に働くのは、やはり若さではないでしょうか。

 

当然企業側も年配者を雇うよりも若い人間を雇う方がデメリットも少ないでしょう。

 

給料面しかり人としての使いやすさという事も大きく影響してくるのではないでしょうか?

 

結局学歴も重要な一つにはなりますがそれ以上に年配になると人より抜き出た経験が左右されるという事もあります。
武器を持たずに転職することは大変難しいのが実情であります。


関連ページ

希望退職による転職の経験
私は一度転職の経験があります。新卒で入社した会社に12年間勤めましたが、会社に対する将来的な不安から転職を考えました。しかし、その当時結婚もしていて子供が2人おり、我が家で収入を得ているのが私だけだったので、軽率に辞める事はできずにいました。不景気な時期でもあり、求人をチェックしても非常に少ないという印象でした。
ネットを使って転職活動をする
私は大学を卒業して医療法人が経営する介護老人保健施設で、介護職として3年間働いていました。 介護職をしていましたが社会福祉士という福祉分野での相談援助の資格も持っており、3年経った頃にその資格を活かして働きたいと思うようになりました。
転職して良かった話
何年か前の事。派遣社員として勤めていました。 それほど大きくもない会社の営業所で、10人ほどの家族的な雰囲気です。 営業のアシスタントとして、見積もりを作ったり、受注管理などをしながら、日に2回のお茶くみをするような平和な日々でした。
40代の転職
5年ほど前、私は家から歩いて数分の所にある小さな貸切バスの会社に勤めていました。 子供が小学生になったばかりの時、ハローワークで見つけた就職先でした。そこで働いている間は、家からも近いし何かあったら家まで飛んで行けるしほんとにラッキーだと思い、
接客業からIT業界へ転職
接客が好きでファーストフード店に勤務していましたが、今後の昇進などがあまり見込めないなど、将来的なことを考え転職をする決意をしました。 大学では理系を専攻していて、プログラムなどの物づくりも好きだったためIT業界に狙いを絞って転職活動を開始しました。
8ヶ月を要した私の転職活動
私は今から約8年前に、それまで勤めていた会社を一身上の都合で退職し、今の会社へ転職しました。前職に在籍中は転職活動がほとんどできなかったので、本格的な転職活動は前職を退職してからとなりました。
アラサーでも転職をする勇気を持つ
私は28歳の時に転職を決意し、29歳で7年働いた職場を退職しました。転職先は決めておらず、のちのちには転職先は決定したものの退職を決意し新しい仕事につくまで様々な葛藤がありました。  当時私は、遠距離していた彼がいたのですが将来的には結婚も考えていましたので、いつかは退職しなければならないのは分かっていましたが...
医療系の転職の秘訣は、活用できるものは全部活用する
私は経験5年目の医療関係の専門職です。 医療系のお仕事をされている方は、だいたい最初は病院などの医療専門機関で数年の経験を積みます。そして、もっと働きやすい条件を求めて職場をかえるのケースが多いです。
転職の失敗談について
私は5年間に渡り商社に勤めていました。色々、ありましたが何とか5年間は継続して勤務していたんです。しかし、30歳目前になり、一生、この会社で勤務しなければならないのか考えてしまいました。会社の規模はそれほど大きくはなく、上司の様子を見ているとそんなに給料は貰っていないんじゃないのかと思います。
やれる仕事ではなく やりたい仕事をする為に。
高校を卒業すると家から離れた会社に就職しました。 ただ 家から出たいだけで、就職先を決めたので、出来るかどうかも分からない製造業でした。 2交代制で、慣れない寮生活も大変でした。 仕事も自分には、向いていませんでした。 1年で、ホームシックも加わり辞めました。
販売員から事務へ 不規則な生活から規則的な生活へ
私はこれまで10年ほどショップ店員として勤務してきました。常連のお客様もできましたし、友人も客として顔を見せてくれたりと充実していました。しかし、サービス業の宿命と言いますか、シフト制で労働時間が早番、遅番とあり、生活が不規則であったこと。 もちろん、土日や祝日は出勤なので、世間の休みとは合いません。それでも、働き出して5,6年ほどではそんな暮らしに特に不満はありませんでしたが...
アルバイトから病院の介護士に転職
何年間もアルバイトを転々としていたわたしですが、“このままじゃいけない”と思うようになり とにかく正社員になることを考え始めたのが20代半ばのときでした。 日本で一番人手が足りてない仕事は何だろう・・正社員になりやすい仕事といえば・・そうだ、介護だ。
私は未経験から営業の仕事に転職をしました
私は2年前にSEから営業の仕事に転職をしました。以前は通信関係の会社でSEとして働いていたのですが、仕事にやりがいを感じることがあまりできない時期が続きました。その頃に営業として働いている友人に話を聞いてもらったところ、営業であればやりがいをきっと感じることが出来るはずだと言ってもらえたのです。
美容師から営業に。近い職種なので経験も役に立ちました。
希望の会社とかに入る事が出来なかったので、それに近かった美容室で働いていました。免許を 持っていたので美容師の仕事もしてましたが、お客さんの相手と事務仕事半々ぐらいでしたね。 転職したのは、そこの美容室に来ていた道具とかを売っている会社です。
転職後、自分の会社が「悪の秘密結社」だと気づいたら?
転職は何度もしてきましたが、その中でも忘れられないものが、某金融系の会社への転職です。それまでは、転職情報を紹介するWEBサイト経由で自分で仕事を探していたのですが、実際に職について見ると、細かい部分で話が違うという事が多く、限界を感じていました。
意外な転職でした。
私の前職はWEBなどの制作会社で、私はそこで社内の情報システムを担当していました。 そしてできればもっと大きなシステムを手掛けたいと考え、転職活動を開始しました。 転職活動はプロにお願いするべきだと考えた私は、転職エージェントや転職サイトなど有名なものに片っ端から登録して転職活動を開始しました。
バブル絶頂期のあたりに短大卒で入社
初めて転職したのは23歳の時でした。当時バブル絶頂期のあたりに短大卒で入社し、新卒では当時ありえない初任給。トントン拍子で給与アップと20代の若者を甘やかさせるには十分なほどの待遇ばかりでした。
ハローワークを利用しての転職活動
勤めていた会社の縮小により、人事異動で地方への異動命令があり転職を決意した経験があります。退職後、失業保険の手続きをしにハローワークに行ったついでに求人を検索することを始めました。
お水から建築作業員へ
私は10代からずっとスナックのカウンターで働いていました。しかしお酒を飲むのもあまり好きではなかったし、カラオケはうるさいし酔っ払いの相手をするのがイヤでイヤで堪りませんでした。しかし昼間の仕事と言っても高校もロクに卒業してない私にとっては再就職もなかなか難しく、ズルズルと夜の仕事を続けていました。
いつもアルバイトスタート
私は、さいたま市に住む倉庫作業員です。 私は、子供の頃から特にやりたい仕事がありませんでした。 でもお金が欲しかったので高校は通信制の高校にして開いている時間はアルバイトをしていました。
IT系から家具職人を目指しました。
3年前くらいの話になります。 大学の理工学部卒業後、大手コンピューターメーカーに就職してシステムエンジニアとして働いていました。 毎日がとても忙しく残業や休日出勤も当たり前で、その結果給料は結構良かったのですが健康状態は良くありませんでした。
専門職から派遣社員へ
学校を卒業して調理の仕事をしていました。 調理の仕事は結婚しても続けていきたいと最初は思っていたのですが、現実はそうもいかず、断念してしまいました。 就職難でなかなか仕事がなく、臨時社員や契約社員での仕事をしていたので期限が来たので辞める事になりました。
東京?名古屋で転職活動
もともと東京でコンビニチェーンのフランチャイズ店舗で店長をしていました。20歳で入社して長らくオーナーを目指していましたが、5年程経過した頃、過労のあまり倒れてしまいました。毎日15時間以上は働いており、ほとんど休みもない状態だったので、若かった体でもついていけませんでした。
旅行会社からホテル業へ
私は英文科の短大卒業後は、正社員として大手旅行会社へ就職しました。正直、正社員で働く気はもともとなく、アルバイトの掛け持ちでいいかなと思っていましたが、一度は就職試験というものを経験しようと思い、一番興味のある旅行会社を受けました。
リーマンショックと震災の破壊力
私は2回転職の経験をしています。 1回目はリーマンショック 2回目は東日本大震災です。  新卒で金融機関に入社するのが確定した矢先にリーマンショックが起き、正直心中は穏やかではありませんでした。みるみるうちに下がる株価にどんどん進む円高で急激に悪化する経済で入社式の時点ですでに会社側から歓迎されていない雰囲気が感じられました。
転職するなら、具体的な売り込みを
私は以前、学習塾の講師を辞めて、通販コールセンターのテレオペに転職しました。
高校を卒業して工場に就職した
高校を卒業して工場に就職したのですが、医療事務に興味があり就職してからちょうど一年経った頃にハローワークに通い始めました。
前職から学んで転職
高校を卒業してから6年間、地元を離れ他県の印刷会社でDTPオペレーター兼事務員をしていました。印刷会社での仕事は、交代勤務で毎日残業が2時間以上あり仕事量によって...